節約の裏ワザなど、お得な情報満載。花田家の花マルLIFE!

NHKニュースにも登場・BuzzFeedってどんなサイト?

2016.01.21
Buzzfeed

お兄ちゃん、テレビのニュースで流れている、「BuzzFeed」ってどんなサイト?

そうか、亜美はBuzzFeedのこと知らないんだ。
海外ですごく人気のあるメディアサイトなんだけど、詳しく説明するよ。

ヤッター!

今話題のBuzzFeed(バズフィード)とは?

ネットやTVのニュースでも話題のBuzzFeedとは一体どんなサイトなのでしょうか?

ニュースでも話題のバズフィード

元々BuzzFeedは2006年にオープンした、いわゆるメディアサイトです。立ち上げたのはジョナ・ペレッティという人物で、この人はハフィントンポストの共同創業者です。

このBuzzFeedに投稿されるコンテンツは、いわゆる「バズる」コンテンツで、TwitterやFacebookなどを通じてネット上に拡散されていきます。
つまり面白コンテンツやお役立ち情報、エンタメや動画、政治まで、人々の関心を集める内容を上手に更新し、そのコンテンツをバズらせて広めているのです。

現在利用者は、全世界で月間2億人以上と言われています。

BuzzFeedは何で儲けてるの?

収益の柱は広告です。BuzzFeed自体が広告代理店の役割も兼ね、ネイティブアドという新しい広告のスタイルを確立しています。

スポンサーから広告出稿を受け付けると、BuzzFeedでコンテンツを制作をし、後はそのコンテンツをバズらせ拡散させます。従来の広告媒体が低迷する中、新しい広告のあり方を築きあげているのです。

日本のBuzzFeedはどんなサイト

日本版では、BuzzFeed社とヤフー株式会社がBuzzFeed Japan株式会社を設立。2016年1月19日に正式オープンしました。
編集長には、元朝日新聞社の社会部記者である、古田大輔(ふるた・だいすけ)氏を起用して話題になりました。
出資比率は、バズフィード社が51%、ヤフージャパンが49%です。

ヤフーは、すでにYahooニュースで爆発的なトラフィックを集める手段を持っており、BuzzFeedとの親和性は非常に高く感じられます。
この2社がコラボすることの相乗効果は非常に高いのではないでしょうか。

日本版を実際に見てみると

日本版BuzzFeed

BuzzFeedサイトへ

海外版では一日に更新される記事は100本とも言われていますが、現時点で日本版ではそれほどの更新はない感じです。

投稿されていつ記事の内容を見ると、動物の動画、料理、話題の芸能人ネタや時事ニュースなど、人々の関心を集めるジャンルをきっちり抑えている印象を受けますね。
ほとんどすべての記事に写真がついていて、つい次へ次へと他の記事を読んでしまいます。
そのあたりは流石ですね。

今後、日本でのアクセスはどのように推移し、どんなネイティブアドが出てくるのか、興味深いところです。

う~ん、確かに拡散したくなるコンテンツばかりだわ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
上に戻る